スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メトロイドプライム フェデレーションフォース - 「外伝」、ここにあり!

メトロイドプライム フェデレーションフォース(公式サイト)

フェデレーションフォース、とりあえずハードまで全ステージクリアしてED後のオマケも見たので感想を書きます。
このゲーム、私にしてはかなり早いペースで遊びクリアしました。
そんなペースで遊んだのには、三つの理由があります。

最も大きい一つ目の理由は、フェデレーションフォースが面白かったこと。
いやー、楽しかった!一気に遊んじゃいましたよ!買ってよかった!これは良作!
…てな感じで、これからその面白かったところを書き連ねるわけですが、その前に残り二つの理由をば。

二つ目の理由は、フェデレーションフォースはマルチプレイ前提の作りのゲームということ。
ソロでも楽しめるように作られてはいますが、多人数のプレイで最も輝く作りなことは間違いないわけで。
というわけで、少しでもプレイヤーが多いうちに感想を書き、人に勧めたかった。

そして三つ目の理由は、「フェデレーションフォースは前評判が著しく悪く、印象による悪評が未プレイの方々にまで及んでいる」という事実があったため。
フェデレーションフォースは、これまでのメトロイドシリーズとは異なるデザインや、オマケモードたる「ブラストボール」がメインのモードなのではという誤解から、発売前の段階で非常に評判が悪かった。
しかし私が遊んだ感想は「楽しい!」だったんですよ。そうなってくると、もう…その楽しさをとっとと伝えるしかないじゃないですか!
未だに誤解している人へ向けて、あるいは気になってはいるが前評判があんまりなので二の足を踏んでいる人へ向けて、「これ楽しいゲームですからね!」と一刻も早く伝えたかった。
だから、私にしては相当に早いペースでクリアして、今こうして感想を書いている。これが三つ目の理由です。

というわけで長くなりましたが、メトロイドプライムフェデレーションフォースの感想を、一生懸命書きます。


まずはどんなゲームかを紹介。
フェデレーションフォースは「メトロイド」シリーズの銀河連邦の名も無き一兵士(=貴方であり私)を主役に据えた作品で、「メック」というロボットを操縦し任務をこなすFPSです。
「ブラストボール」は操作技術向上用のオマケモードのようなポジションで、メインモードは敵の撃破や潜入、防衛といった多数のミッションをこなすFPSですからね!
ちなみに開発は「ルイージマンション2」等を作った「Next Level Games」。

そしてフェデレーションフォースには二つの大きな魅力があります。
一つは当然ながら「アクションゲームとして楽しい」ということなんですが、もう一つは「この作品が『メトロイド』という作品の世界観を掘り下げる存在になっている」ということ。
触った人からも「メトロイドの名を冠していなければ良作」なんて感想が聞こえてきたりもするわけですが、私の感想は「これは立派なメトロイドの外伝だ!」という物でした。
てえことで、まずはそこから触れて行きたいと思いますです。


世界観を掘り下げるとは言いましたが、まず先に言っておくとフェデレーションフォースに重厚なストーリーはありません。
一兵士となり任務をこなし、スペースパイレーツの野望を打ち砕くというシンプルな展開で、会話やイベントシーンもゲームのテンポを重視した結果なのか多くもないという(このテンポの良さは、かなり褒めたいポイントだったり)。
そんなわけでシナリオ等が深いというわけではないのですが、連邦を舞台に一兵士を主役にすることで、サムスが主人公では描けなかった側面の世界を描くことに成功しているのですよ。
サムスのような超人ではない一兵士たちもまた、この世界でこうして戦っていたんだと。サムスが歩んできた道やサムスの周囲だけでなく、この世界の彼女のいない場所にも確かに色が付けられたというか。

また、サムスを「伝説的なバウンティハンター」という脇役に据えることで、サムス自身もまた、主人公でいるときには描けなかった魅力を浮かび上がらせているのも嬉しい。
たまにサムスについて本部から通信が入ると嬉しいのよ。殆どの場合は行動と結果を知らされるだけなんだけど、その距離の遠さがカッコイイ。たぶんサムスは忙しいからね。のんきに通信してる暇とかないから。
サムスの凄さは遊んだ人の大半が感じたんじゃないかな…人間サイズのあのスーツで、遥かにヤバい敵をぶっ倒しまくってきたわけで…メックとかリドリーに睨まれただけで機能停止しそうだもん…メックかわいいよメック…たぶん睨まれても頑張るよ…。

てなわけで、「メトロイドだから」不評を買った作品ではありますが、この作品はメトロイドの魅力を押し上げる、立派な外伝だと断言したいわけですよ!わけですよ!
新規タイトルを同じ内容のソフトを出したのでは得られなかった深みが、喜びが、単体の作品としてではなくシリーズ作品という括りの中にある。
ここまで褒めると過度に期待されちゃいそうでアレなんですが(最初に書きましたが、重厚なストーリーとかそういうタイプではありません)、余計なことはせずシンプルに、メトロイドの世界を創る小さな一つのピースがここにあると思うのですよ。

それと、おそらくスタッフの方々も「(2Dか3Dかは分からないけれど)これまでのメトロイドのような正統な新作」を作りたいと願っていると思うので、というか恐らくユーザーの私たちよりも遥かに作りたいと願っていると思うので、熱い想いをグツグツと煮えたぎらせていると思うので、それが出たときに今作は活きるんじゃないかなと妄想してます。
人間サイズのサムスのスケールで描かれる世界に、メックが登場する瞬間を想像すると…たまらんね。ディテール細かくて、巨大でさ…。
仮に出るとしたら十中八九救出することになる気もしますが(メックがんばれ…)、出張らなくていいんでちょこっと絡む程度に登場すると良いなぁ。メックも色々とがんばっとるんやで!という感じでさ。

濃厚な味付けはありませんが、素材を活かす仕事ぶり。世界観等については、そんな印象を抱きたくなる良質な作りでした。ちなみに終盤の展開はなかなか直球に熱いぞ!



次はアクションについて!…なんですが、これはそんなに語れないというか…いや楽しいんですけど、私はFPSを殆ど遊ばないので(最近だとスプラトゥーンを遊んだくらいかな…)語るの下手というか…。
(※スプラトゥーンはFPSではありません…あぁ恥ずかしい…知ってるけどさ、ほら、この文章、うわあああああ!!!!という勢いだけで書いてるからさ…細かいこと突っ込むとたぶんキリがないからさ…なんとなーく察して頂けると嬉しいです…)
操作はLでロックオン、Rでフリーエイム(ジャイロ操作や拡張スラパ、NEWの右スティックで操作可能。私は初期型の3DSなのでジャイロしか触っていません)、L+Rでロックオン状態のままずらして撃つことが可能。
タメ撃ちやサブの武器、移動だとサイドステップなんかもあるよ!という、特別な作りは無く、普通な感じなんじゃないかな…ホントにあまり遊ばないジャンルなので、しっかり語れんのです。

恐らく未プレイの方が最も気になるのはジャイロ操作だと思うのですが、これは慣れれば問題なく撃てるかな。上手い人は分かりませんが、私程度の腕前で普通に遊ぶ分には不自由なし。
移動しながら上手く撃つことが出来ないんですが、これは操作性云々ではなく完全に私の腕前のせいというか…足を止めてならしっかり狙えるんですけどね。まぁそんな程度の腕前でも、すんごい楽しんじゃってます。
ステージによってはギミックがあったり(大抵はAボタンを長押しで装置が起動)、メックを降りて生身で動き回ったりと、アクションはそんな感じかな。

個人的に楽しい瞬間は、アイスやスローといったサブの武器を撃ち込んで「みんな頼んだ!」とかやってるときかな。スローいいよスロー。不人気武器だから選びやすいし。
あと21面のボスは(ネタバレ避けるためにどんな物かは言いませんが)楽しくて好き。下手な私でも動きをパターン化しやすくて楽に遊べる。
問題点というか、マイナスと受け取られがちな特徴は、弾も移動も全体的に動きが遅めなところかな。キレッキレの動きをするタイプのゲームではない。上手い人はそんな中でキレッキレの動きをしてくるけど、基本的にはね。

…うん、ホントにここら辺については詳しくて語れんので、こんな感じです。逆に言えば、このような詳しくない人間でも楽しめる作りということなので、まぁ心配はしないでいいかと。ちゃんと作られてます。



そしてアクションゲームとして最大の売りは、協力プレイが楽しめるところ。
フェデレーションフォースは最大4人のマルチプレイでミッションをクリアするゲームなわけで、ステージの作りも基本的には4人で遊ぶことを前提として作られています。
1人で遊ぶことも可能というか、むっちゃくちゃやりこんでいる人の感想を見ると「むしろ1人の方が楽」という領域に達しているようなんですが、常人は4人プレイが基本でしょうし、そっちの方が楽しくもある。

ミッションは普通にステージを進み奥にいるボスを倒す物もあれば、運搬や護衛、潜入といったミッションも多数あったりします。
運搬なんかは初見だと死ぬことが多いと思いますが、そのミスまで含めて初見でしか味わえないたった一度の経験よ。悪意あるプレイでなけりゃミスも万事オッケーなのよ。遊んで死んで人の動きを見て覚えればいいんだから、遠慮せずガシガシ楽しもう!でも武器選びはちょっとは遠慮しよう!
というわけで、フェデレーションフォースが特別そうだというわけじゃないと思うんですが…マルチプレイって、楽しいですよね。みんなでわちゃわちゃと右往左往しつつ上手く突破できたときの爽快感や、助け助けられの喜びであったりと…まぁなんというか、対戦ではなく協力型のマルチプレイのゲームとして、きちんと楽しいです。
マルチの楽しさは説明できないというか説明不要というか、遊んだことのある人なら分かっていただけると思うので、はい、そんな感じです。

マナーの悪いプレイヤーに出会う問題もありますが、まぁそういうのを気にしていたらマルチやっとれんしね。ブラックリスト機能はあるので、それでどうにかご勘弁を。
楽しく遊べる人と同じ部屋になれたら、是非とも連戦しまくろう!私はハード終盤のクソ難しいステージで、同じ方と同じステージを何度も何度も死に続けながら連戦したぞ!あの日あの時のフェデレーションフォースの同士よ、ありがとう!超苦戦したけど超楽しかったよ!
始めたてのころにも、同じく始めたてであろう同士の方とステージを幾つも進めたりして、楽しかったなぁ…。うん、やっぱり、マルチ楽しい。フェデレーションフォースはマルチを楽しめるゲームだよ。

マルチにおける(プレイヤーのマナー以外の)問題を挙げておくと、全員がギミックを理解しないと突破できない箇所が多数ある点。マジで進まなくなる可能性がある。
これは本当に危ない箇所なのでネタバレになるけれど具体的に言っておきますが、ロケットみたいな物を発射するステージは「自分の色をロックオンして最大チャージショット」で打ち上げです。他のギミックは近づくと操作の指示が出るのに、ここだけは出ないんだよね…。
指令から通信が入ってチャージショットということは教えてもらえたんだけど、ロックオンの説明はなかった気がするんだよなぁ…私はロックオンしなければいけないことに気づかず時間食っちゃったからね…その時ご一緒した方、ごめんね…。

でもまぁアレよ、基本的には「みんなでがんばろー」「うおおおー」「うわー」「うひー」「うん、なんとかなったわ」という感じで、4人プレイなら多くの面はわちゃわちゃと楽しみつつ何とかなっちゃうのではないでしょうか。
手探り感はむしろ楽しさを増加させる一因なので、苦戦は楽しさのスパイス程度に考えて一生懸命頑張ればいいんじゃないかな!なんとかなっから!たぶん!

一つ注意点を挙げておくと、フェデレーションフォースのマルチプレイの部屋は「自身がプレイ可能な面の部屋のみ表示される」んだけど(だから最初は恐ろしく過っ疎過疎に見える。1面しか表示されないわけだからね)、これ「ハードの面も表示される」ので、マジで気をつけませう。
つまり、始めたての初心者は「ノーマルの1面」だけでなく「ハードの1面」も表示されてしまう(本来のハードはノーマルクリア後に選択可能になる難易度)。
これはホント完全にダメな点というか、誰も喜ばない仕様なのでどうにかして欲しいですね。最初はハードとかわからんし、間違えて入っちゃう可能性もあるからね。

ついでに他のマイナスポイントを幾つか挙げておくと、ゲーム開始前にサブの武器を選ぶことになるんですが、この選択、早い者勝ちシステムなんだよね。最初にぐわーっと武器や回復を全て持っていかれてしまうこと、結構ある。
全員個別に選べても問題なかったと思うんだけどなぁ。攻撃や回復などの役回りをそれぞれ受け持って遊んで欲しかったのかもしれないけど、個別選択にしても役回りは変えられるしさ。
それか「それぞれが個別に選択できる武器」と「共有してみんなで分ける武器」を幾つか別にしても良かったのかも。ややこしいかな。
ぶっちゃけた話、回復1つにミサイル2つくらいを個別に確保できるだけでも相当に楽になるんだけどな。
ちなみに私は「とりあえず回復は1つ欲しい…あとは余ったのでおk」という感じで選んでました。そんなんでも何とかなるので、まぁ大丈夫っちゃあ大丈夫なんだけどさ。

あとメックには性能を引き上げる「チップ」を搭載できるんだけど、これについても、ちと色々あり。
ステージ中に隠されていたりして、ステージクリア後にゲームのスコア順で一つずつ貰っていくシステムなのよ。ステージクリアしたら人数分は支給して貰えれば良かったのになぁ。4人プレイで3つしかゲットしなかったときとか、結構寂しい。自分が4位じゃなくても寂しい。
それと、敵にやられるとランダムでチップが壊れちゃうのも微妙かな。「良いチップを入手したら終わり」にせんで欲しいというのは分かるけど、一人プレイでゲームから抜けてもランダムで壊れるし、他人の比重も大きいマルチプレイで機体破壊によるデメリットは少し噛み合っていないね。

個人的にチップ周りのシステムを使いやすくするとしたら、「ミッションをクリアするとお金も貰えてショップで買い物が可能。そこでもチップを購入可能。さらに壊れたチップの修理も出来る(←これ重要)」という感じにするかな。
レアなチップも修理可能なら使いやすくなるし破壊もまぁなんとかなる。クリアしたら貰えるお金でチップが買えるのならば(ついでにメックのペイントとかも買えるといいね)、ステージでチップを入手できなかった人も寂しくないしね。

流れでいきなり一気に不満点を幾つか挙げたけど、基本的には「ブラッシュアップが足りないなー」という要素なんですよね。きちんと読んでいただけたら伝わっていると思うのですが、メインの楽しさを食っちゃうような不満要素ではないのです。メインディッシュだけでなくサイドメニューもしっかり頼むぜ!という感じね。




私は基本的に褒める方向で感想を書いているわけですが、当然ながら遊んだ上で不満を抱く人もいるわけで、そこら辺についても触れようかなーと思いますです。
ちなみに万人が絶賛する物なんて無いんだから否定的な意見が生まれるのも当然だとも思うし、それもまた立派な遊んだ感想なんだから否定する気はありませんよ!私は私で褒めるけど!

恐らくフェデレーションフォースを遊んだ上での最も大きな不満は「これはメトロイドではない」という物で、「メトロイドではない」という言葉の意味は、シナリオや世界観等ではなく「アクションゲームとしてメトロイドではない」という物だと思うのです。
2Dメトロイドでないことは一目瞭然ですが、プライムとも大きく違う。具体的に言うと、メトロイドをメトロイドたらしめた探索要素が皆無という点。メトロイドを遊んでる気がしないぞ!ってのは、結局はこれに尽きるんじゃないかなーと感じるのよ。

前述したようにシナリオはサムスが主人公ではないながらも「メトロイド」の世界の一部として描かれているし、マルチプレイのアクションゲームとしても楽しく作られてはいるのですが…「(ゲームとして)メトロイドではない」という意見は、結構正しい(と思う)。
ギミックは幾つかある物のステージの構造は探索するような物ではないし、アクション要素もメトロイド的な動きという印象はあまり受けない。
ステージの目的達成後に脱出しなくてはならないことが多いのはメトロイド的かな。あれはまぁベタですがメトロイドっぽいと思いますです、はい。

というわけで、グラフィックだけでなく内容も「ぐおおおお…ワシはメトロイドを遊びたいんじゃ…指が飢えておる…他の物は受け付けんのじゃ…サムスに飢えているんじゃあああ…」というタイプの人は、これをメトロイドとして出されたら、まぁ合わない可能性が高いわなとは納得しているわけで。


…ただね、その、そういうところも含めて「外伝」としてありなんじゃないかなーと、私は思うのよ。
丁度良いビッグタイトルが浮かばないので微妙に違う気もするけど、例えば「ワリオランド」とか、「マリオと違う!クソ!」とか言われないじゃん。
ゲーム性は違うけど、これはこれできちんと作られていることは遊べば伝わると思うわけで(当然その出来自体にも賛否はあろうが)。

ホントさ、スピンオフ作品というか、作中の脇役に焦点を当てたシステムも異なる外伝としては、楽しいゲームなのよ。既に色々と書いたけどさ。
望む本編が出ない中でビジュアルが大きく異なる外伝を出されたことが不満な人もいるだろうけど、仮にフェデレーションフォースが出ていなくても本編は出ていないと思うしさ…。



というわけで、なんか暗いノリでこの感想が終わっちゃうわけだけど…うん、明るく行こう!イエーイ!とりあえずイエーイ!
楽しかった要素を最初に書いちゃったからアレなんだけど、「なんかテンション低いわー」と思った方は最初から読み返しとくれ!楽しいゲームなんですよ!イエーイ!

一応改めて書いておくと、世界観やシナリオは「メトロイド」の世界の一側面を描いている立派な外伝作品。
ゲームシステムは「メトロイド」とは異なるので、メトロイドのゲーム性に惚れ既存のシリーズのようなメトロイドを遊びたいという人は満足しないかもしれない。
しかしながら本編とは異なるスピンオフ作品の、マルチが熱い協力FPSと考えれば十分に楽しい出来。そしてロケットを打ち上げるときはロックオンして最大チャージ(重要)。
うん、やっぱり、いいゲームだよ。長所短所の混じったいいゲーム。私は楽しい思い出が沢山浮かぶもの…ご一緒してくれた方々、ありがとう…楽しくそして、熱かったです…。


あと「遊んだ人の評判はそう悪くなさそうだけど値崩れ速そうだから、安くなったら買うわ」と考えているそこの貴方に言いたい!その判断、全くもって大間違いですよ!
フェデレーションフォースはソロでも遊べる作りだけれど、ソロだとそんなに楽しくない。ミッションは完全にマルチ前提で楽しくなるよう作られているので、たとえ価格が安かろうが、遅くに買ったんじゃその価格分の価値は無い!マルチで遊ばず「やっぱつまらんかったわ…」と言うのは不毛という物!
こういうこと言っちゃうのもなんだけど、価格が気になる場合の正しい判断は「とっとと購入して全ステージマルチで遊んでとっとと売る」なんですよ!いや、私は売らんけど。人がいない時期に2000円で購入するのではなく、3500円でとっとと購入して1500円で売れ!いや、私は売らんけどね。
というわけで、気になっている人はマジでとっとと買おう!楽しいから!マルチ楽しいから!人がいない時期に買っても楽しくないぞ、たぶん!今なら土日の人がいそうな時間にはそれなりにマッチングするから!自分の遊びたい面はどしどし部屋を立てちゃおう!終盤のクソ難しい1面を除いて、部屋主であることは特に影響しないから安心して立てとくれ!


 


さあ、ブラストボール(サッカー)について語ろうか…フェデレーションフォースについては語れたのでね。

…フェデレーションフォースについては好感を抱いているわけですが、好感を抱いているからこそ、ブラストボールを宣伝に使ったのは失敗だったと思いますよ!
初報の映像の件もあるけど、それ以上に体験版(正確には違うけど、めんどいのでそう呼びます)に使ったことに問題があるんですよ!

何が問題かって、ブラストボール、ムズいの!超ムズい!めっちゃくちゃムズい!しかも本編と楽しさが全く違うの!当然ながら本編の方が楽しさは圧倒的に上で!
ブラストボールをわりとしっかり操作するにはサイドステップとずらし撃ちが必須なので、どう考えても練習用のモードじゃないよコレ!
製作者の意図は「ここでそれらの技術を習得してもらって本編で活躍してくれ!」という物だったのかもしれないけど、現実は「本編でそれらの技術を習得したので、なんとかブラストボールをクリアできたわ…」という物だからね!実際私がブラストボールをクリアしたのは本編(ノーマル)クリア後だぞ!
しかも本編は操作こそ同一ながら遊びも楽しさも異なる普通のFPSなわけで、ブラストボールを遊んだって本編の魅力は1ミリも伝わらんって!

これに関しては、フェデレーションフォースを好きだからこそマジで頭を抱えた…宣伝間違ってるよ!魅力をきちんと伝えようよ!と…。ちなみに私は体験版は触れずに「気になってるけど…マルチ推しっぽいから早めに買うか!」と購入しました。
ブラストボール自体は楽しいかと言うと…まぁ微妙ではあるんだけど、というか本編が楽しいので殆ど本編を遊んでいたから語れるほど遊んでいないんだけど(マルチでチャレンジを一度クリアしただけです。最終戦、緊張したぜ…ご一緒した方、ナイスでした…もう一人は不在でCPUでした…)、「ムズい!」と「本編は全くの別物!」ということだけは断言できるからね!
ブラストボールはオマケのミニゲームみたいな物なので、あれ抜きに本編たるFPSはきちんとソフト1本分の楽しいゲームが詰まっているので、マジでブラストボールを購入基準にしないでおくれー…。
というかね、「誤解されてるっぽいからきちんと説明する動画」みたいなことまでやったんだから、体験版もちゃんとしようよ!「ほれ!こういうゲームだぞ!」と、普通の体験版を配信しようよ!

フェデレーションフォースはメトロイドの世界を舞台にした協力プレイが楽しい良作FPSだかんね!賛否はある!それも分かる!しかしながら、私はマルチでわちゃわちゃ遊んで最高に楽しんだぞ!同じ方と連戦しまくりの戦友となり、ハード最終面をクリアしたあの瞬間、心が満たされたんですよ…!てことで、そこんとこヨロシク!マジでヨロシク!





追記:
ブラストボールのチャレンジに苦戦している方がいると思うので、自分なりに意識した点を書き記しておきます。
私もチャレンジはひーひー言いながら一度クリアしただけなので参考になるかは怪しいんですけどね。まともな助言が欲しい人は、ちゃんとした上手い人に聞いてね。

・挑むのは本編をクリアしてから!
難しいというだけでなく、最初からブラストボールに挑み続けても、あまり楽しくないと思うので…まずは本編を楽しんで、操作もそっちで覚えて、その上で挑もう!

・とりあえず、死ぬな!
最も重要なことです。復帰までの一人減った状態で勝負が決まることが多いので、とにかく活きましょう。自陣に回復アイテムが置いてあるので、減ったら積極的に取りましょう。とにかく死なないことを最重視で。

・突っ込みすぎるな!
このゲーム、守備が重要です。一人はキーパーで、もう一人もボールから距離をとって射撃。攻撃参加は一人だけ、くらいでいいんじゃないかな…という感じで。キーパー役がいるだけでも楽になるので、誰もいないときは積極的にゴールを守ろう!
突っ込まなければ回復アイテムを取りやすい=死にづらいというのも大きい。
ただアイテムの効果が大きいので、それを回収するためにも一人くらいは攻めた方がいいかなーとも思う。

・ロックオンは当たらない!
フェデレーションフォースは弾の速度が速くないので、動き回る対象に対しては(こちらに向かってこない限り)ロックオンのみではきちんと当たりません。中距離ならずらし撃ち。遠距離なら完全なフリーエイムで、ボールの動きを先読みして撃とう。
ちなみにボールの動きが急に変わることはあまりないので、転がる先を狙って撃てば割ときちんと当たる。

・急げ!サイドステップ!
サイドステップも重要なテクニックなんですが、私がわりと使ったのは、ヤバそうと感じたときにいっそいで自陣へ戻るとき。
仲間がやられて「これは攻められる!」というときや、逆に自分がやられてしまい復帰直後に自陣ゴールへダッシュするときなど。
他にも体力がヤバくなり前線から一時離脱して、回復アイテムを拾いに行くときなんかもダッシュで戻っていました(前述したように、死なないことが第一です)。

・フルチャージ、強いぞ!
どうしてもショットを連射したくなるんですが、正直なところ通常ショットはあまりボールを動かせない。てなわけで我慢してフルチャージを叩き込もう!攻められているときなんかも、一気にカウンターを狙えたり弾き返したボールが敵にぶつかりダウンさせられたり出来るぞ!
敵のゴール付近で攻め込むときは通常ショット連打でもいいと思うんですが、中~遠距離からの援護や自陣ゴール付近での守備は溜めて撃つ方が効果的かと。
ただ、軽いボールのときは通常ショットで十分です。通常だけでも十分すぎるくらいに動くので。

・死なないことが最も重要ということは…
敵を撃とう!殺そう!
後方射撃時なんかは特に、ボールだけでなく敵のメックも撃っちゃおう。CPUは一定以上撃たれるとキレてボールを無視しこっちへ向かってくるので数的優位を作れるぞ!ダウンさせられればさらに優位に!
しかもこっちは自陣からの後方射撃、すなわち回復アイテムがあるので、撃ち合いには絶対に勝てる!やったぜ!

・イジェクトビークが来る!そんなときは!
「あと一歩でゴールが決まる」みたいな状況でない限り、サイドステップでダッシュして自陣ゴール前へ集合だ!あらゆる持ち場を放棄していいぞ!どうせ数秒後にダウンするからね!
ゴール前にいれば、とりあえず空のメックでも壁にはなるんですよ。復帰までの時間稼ぎになればよし。復帰したとき、間違いなく敵はゴール前まで詰めてきているからね。
これ、すんごい重要です。

…こんな感じかなぁ。
あとボールの下部分を撃つと浮かせられるので、特にカウンターとなるチャージショットで使うと有効。
後ろから撃っている際に味方がボールと重なっちゃったときなんかは、ジャンプして上から撃てば重ならなくて良いよ。ここら辺も覚えておくと便利かな。

とにかく難しいのでノーマルクリア後にどうぞ。最初に書いたけど、ゲーム開始直後にこれをやっても楽しくないだろうからさ…。
それと私がクリアしたときは一人がCPUだったんですが、たしかCPUが3ゴール決めた試合もありました(…2ゴールだったかなぁ。とにかくCPUがフォワードだった)。
CPUが優秀という話ではなく、守備が大事という話なんですよ!もう一人の方が主にキーパーをやってくれて、私もフィールド中央付近から中距離射撃が基本という。守りに意識を置かないと勝てない!CPUはボールに向かっていくので、特に我々人間が守備を頑張らないといけないという!


てことでブラストボールを頑張っている方、頑張ってね~。
おしまい。
スポンサーサイト

コメント

No title
少なくとも本作でメトロイドの世界観が一気に広がったのは確かなので
ここから派生するいろんな作品だったり本編へのフィードバックが楽しみって事は言えます
ここからガンダムみたいに新型メックがどんどん開発されていくのかなーとか
妄想がすごく広がるんですよね

直接関係ないですがタカラから「ダイアクロン」の新パワードスーツが出ますし

http://www.takaratomy.co.jp/products/diaclone/lineup/
こういうタイプのメカもっと流行れ
Re: No title
賛否あるのはしゃーない!私の感想に対しても「全然ちげーよ!」と感じる方も当然いるだろうしね!と受け止めているので、なんやかんやと色々言われてしまうのも分かるのですが、長所も沢山ある作品だよ!楽しかったよ!と言いたくて感想を書いたのでした。
世界観に関してはホント、「メトロイドの外伝」だからこそ描けた物でしょうし、今作のそれらのプラスは全て本編へも加わる物だと思うので嬉しくなりましたねー。

そして一般兵が乗る量産機はロマンですからね!多くは絡まなくていいんで、ほんのちょい役でいいんで、プライムのデザインやグラフィックでメックを見たいなーと願うのでした。
ディテール細かくて…サムスの視点で描かれる世界ならメックの巨大感も出るわけで…へっへっへ、こりゃあたまらんぜ…と。2Dドットでもいいぞ!ドットのメカもまたロマン!

あとリンクを貼ってい頂いたメカ…分かります!分かりますよ!いや、私はロボット物に全く詳しくなくて、単に見て「かっこいいなー」とか思う程度なんですが、分かりますよ!
人間とのサイズ差が良いですねー、超巨大ロボでないパワードスーツなスケールが。それを印象付けるように人間のフィギュアも付いているところがイカす。メックもそうですが、プシュ!っと開いてダイレクトに乗り降りする感じとか好きです。
表情を持たせずゴツゴツとした無骨さを押し出しながら、手足や丸っこさに愛嬌(?)を感じたりと、分かりますよ!…うーん、分かっているのだろうか…?

フェデレーションフォースはメックの出撃シーンのムービーを全ステージで入れてくれた点が嬉しかったです。あれはカッコイイというか楽しいというか。数秒なので時間を食うような物でもありませんし。上空からの落下とか、いちいちカッコよくてですね…。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。